• +91-9923377325
  • +91-9975075127
  • info@enlightforeignlanguages.com
  • Mon - Fri: 8:00 - 19:30

Enlight Foreign Languages

浦島太郎
Urashima Tarō story

By Sayali Kulkarni

むかしむかし、ある村に、心のやさしい浦島太郎(うらしまたろう)という青年が 母と一緒に住んでいました。
浦島(うらしま)さんが海辺を通りかかると、子どもたちが大きなカメを捕まえていました。
そばによって見てみると、子どもたちがみんなでカメをいじめています。
「おやおや、かわいそうに、逃がしておやりよ」
「いやだよ。おらたちが、やっと捕まえたんだもの。どうしようと、おらたちの勝手だろ」
見るとカメは涙をハラハラとこぼしながら、浦島さんを見つめています。
浦島さんはお金を取り出すと、子どもたちに差し出して言いました。
「それでは、このお金をあげるから、おじさんにカメを売っておくれ」
「うん、それならいいよ」
こうして浦島さんは、子どもたちからカメを受け取ると、
「大丈夫かい? もう、捕まるんじゃないよ」
と、カメをそっと、海の中へ逃がしてやりました。

さて、それから二、三日たったある日の事、浦島さんが海に出かけて魚を釣っていると、
「・・・浦島さん、・・・浦島さん」と、誰かが呼ぶ声がします。
「おや? 誰が呼んでいるのだろう?」
「わたしですよ」
すると海の上に、ひょっこりとカメが頭を出して言いました。
「このあいだは助けていただいて、ありがとうございました」
「ああ、あの時のカメさん」
「はい、おかげで命が助かりました。ところで浦島さんは、竜宮(りゅうぐう)へ行った事がありますか?」
「竜宮? さあ? 竜宮って、どこにあるんだい?」
「海の底です」
「えっ? 海の底へなんか、行けるのかい?」
「はい。わたしがお連れしましょう。さあ、背中へ乗ってください」
 カメは浦島さんを背中に乗せて、海の中をずんずんともぐっていきました。
 海の中にはまっ青な光が差し込み、コンブがユラユラとゆれ、赤やピンクのサンゴの林がどこまでも続いています。
「わあ、きれいだな」
 浦島さんがウットリしていると、やがて立派なご殿(てん)へ着きました。
「着きましたよ。このご殿が竜宮です。さあ、こちらへ」
 カメに案内されるまま進んでいくと、この竜宮の主人の美しい乙姫(おとひめ)さまが、色とりどりの魚たちと一緒に浦島さんを出迎えてくれました。
「ようこそ、浦島さん。わたしは、この竜宮の主人の乙姫です。このあいだはカメを助けてくださって、ありがとうございます。お礼に、竜宮をご案内します。どうぞ、ゆっくりしていってくださいね」
浦島さんは、竜宮の広間ヘ案内されました。
浦島さんが用意された席に座ると、魚たちが次から次へと素晴らしいごちそうを運んできます。
ふんわりと気持ちのよい音楽が流れて、タイやヒラメやクラゲたちの、それは見事な踊りが続きます。
ここはまるで、天国のようです。
そして、「もう一日、いてください。もう一日、いてください」
と、乙姫さまに言われるまま竜宮で過ごすうちに、三年の月日がたってしまいました。

 ある時、浦島さんは、はっと思い出しました。
(家族や友だちは、どうしているだろう?)
 そこで浦島さんは、乙姫さまに言いました。
「乙姫さま、今までありがとうございます。ですが、もうそろそろ家へ帰らせていただきます」
「帰られるのですか? よろしければ、このままここで暮しては」
「いいえ、わたしの帰りを待つ者もおりますので」
 すると乙姫さまは、さびしそうに言いました。
「・・・そうですか。それはおなごりおしいです。では、おみやげに玉手箱(たまてばこ)を差し上げましょう」
「玉手箱?」
「はい。この中には、浦島さんが竜宮で過ごされた『時』が入っております。
これを開けずに持っている限り、浦島さんは年を取りません。
ずーっと、今の若い姿のままでいられます。
ですが一度開けてしまうと、今までの『時』が戻ってしまいますので、決して開けてはなりませんよ」
「はい、わかりました。ありがとうございます」
乙姫さまと別れた浦島さんは、またカメに送られて地上へ帰りました。

地上にもどった浦島さんは、まわりを見回してびっくり。
「おや? わずか三年で、ずいぶんと様子が変わったな」
確かにここは浦島さんが釣りをしていた場所ですが、何だか様子が違います。
浦島さんの家はどこにも見あたりませんし、出会う人も知らない人ばかりです。
「わたしの家は、どうなったのだろう? みんなはどこかへ、引っ越したのだろうか? ・・・あの、すみません。浦島の家を知りませんか?」
浦島さんが一人の老人に尋ねてみると、老人は少し首をかしげて言いました。
「浦島? ・・・ああ、確か浦島という青年なら七百年ほど前に海へ出たきりで、帰らないそうですよ」
「えっ!?」
老人の話しを聞いて、浦島さんはびっくり。
竜宮の三年は、この世の七百年にあたるのでしょうか?
「家族も友だちも、みんな死んでしまったのか・・・」
がっくりと肩を落とした浦島さんは、ふと、持っていた玉手箱を見つめました。
「そう言えば、乙姫さまは言っていたな。
この玉手箱を開けると、『時』が戻ってしまうと。
・・・もしかしてこれを開けると、自分が暮らしていた時に戻るのでは」
そう思った浦島さんは、開けてはいけないと言われていた玉手箱を開けてしまいました。
モクモクモク・・・。
すると中から、まっ白のけむりが出てきました。
「おおっ、これは」
けむりの中に、竜宮や美しい乙姫さまの姿がうつりました。
そして楽しかった竜宮での三年が、次から次へとうつし出されます。
「ああ、わたしは、竜宮へ戻ってきたんだ」
浦島さんは、喜びました。
でも玉手箱から出てきたけむりは次第に薄れていき、その場に残ったのは髪の毛もひげもまっ白の、ヨポヨポのおじいさんになった浦島さんだったのです。
おしまい

“Here is the literal translation of the story from Japanese to English.”

Once upon a time, there lived a young fisherman named Urashimataro and his old mother.

One sunny day, when Urashimataro hurriedly went passing the beach, he heard many children playing loudly and noisily, so he went over to have a look. He saw the children using sticks to poke a turtle‘s body, and sometimes turned its body and played. “Hay! Don‘t abuse the animal! It’s such a poor thing!”

“No! We caught it!” The children refused.

So Urashimataro said, “Give it to me then.” and gave the children some money to buy the turtle, and saved the turtle.

After the children left, Urashimataro said to the turtle, “It‘s Okay now, quickly run away!” and put the turtle back to the ocean.

After few days, one day when Urashimataro went fishing at the beach, a turtle swam to the shore and said, “Uncle Urashimataro, thank you for saving my life last time, I will bring you to the Dragon Palace.”

Urashimataro was so happy and surprised, “Really? You are bringing me to the Dragon Palace? Is it true?”

“Please sit on my back.”

So Urashimataro sat on the turtle‘s back. The turtle swam lightly, and Urashimataro felt very relaxed and happy, and not long after that, they arrived at the Dragon Palace. The turtle let Urashimataro off its back, and said, “OK, we’ve arrived at the Dragon Palace.”

At that time, the front door of the palace opened, a beautiful princess followed by a lot of fish came out to welcome Urashimataro. The princess said with a beautiful voice, Welcome, Mr. Urashimataro. Thank you for saving my turtle‘s life last time. I hope you enjoy the stay in the palace.”

She took Urashimataro to the main hall of the palace for dinner. There were a lot of delicious dishes, one after another. Then the music started, and the fish started to dance and entertain Urashimataro. It was the first time in his life that he felt so happy, and he thought it was like a dream.

“It is always like this in the Dragon Palace, and you can stay as long as you want.”

Urashimataro enjoyed himself very much in the Dragon Palace. He played with the princess and the fish, and had delicious dishes every day that he forget about going home. However, after 3 years in the palace, he suddenly thought of his old mother. He thought that his mother must have been very worried about him, and he became very homesick and he wanted to go home.

Although the princess asked him to stay for a few more days, but Urashimataro insisted on going home, so the princess give him a beautiful box as a present, and said, “This is a present for you, and it‘s called the Jade Box. But, don’t open it no matter what happens. OK?”

Urashimataro carried the box carefully and sat on the turtle‘s back and went back home. The turtle swam very quickly and they arrived at the beach soon.

Urashimataro wanted to rush back to his house, but he found something strange. The scenery and the houses at the beach seemed different, and the people passed by all seemed stranger to him. He didn‘t know any of them. What’s worse, he could not even find his own house. So he went to the people in the neibourhood and asked, “Excuse me, but could you tell me where is the house of this young fisherman called Urashimataro?”

“Urashimataro? I‘ve heard that this person lived in this village 700 years ago, but he went out to the beach one day and never came back again.”

Urashimataro was so astonished that he could not speak any word.

He only stayed in the Dragon for three days, but 700 years has already passed in the human world. His mother had died long ago, and so had the people he knew.

Urashimataro felt so sad and lonely. He sadly went back to the beach and sat on the sand.

He thought of the jade box that the princess gave him, and thought, “This is the only thing I have……”

He forgot all about what the princess told him, which is not to open the box no matter what happens, and he wanted to open the box.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

WhatsApp Click to WhatsApp us